About matsutake

Posts by matsutake:

2017年ベストミュージック

2017年に発表された音楽の中から、よく聴いた10作品を選びました。

Nathan Fake – Providence

うねるデジタルシンセに洞窟リバーブ。(Amazon / iTunes)



DJ Seinfeld – Time Spent Away From U

音の粗い感傷的なハウス。ハウスは感傷的で音が粗いのが良い。(Amazon / iTunes)



Karizma – Work It Out

がっちりとゴスペルmeetsハウス。こんな教会なら行ってみたい。(Discogs)



V.A. – Welcome to Paradise (Italian Dream House 89-93)

イタリアのダンスミュージックの軽薄さは本当に深いし尊い。(Amazon / iTunes)



Special Request – Belief System

レイヴ面とアンビエント面、どっちも鋭い。(Amazon / iTunes)



Bola – D.E.G.

IDMがIDMになる前からIDMだった生きる伝説の10年ぶりアルバム。揺るぎない。(Amazon / iTunes)



Jolie Holland & Samantha Parton – Wildflower Blues

元The Be Good Tanyasと現The Be Good Tanyasの共演盤。The Be Good Tanyasはカナダのカントリー/ブルーグラス系の素敵なバンドです。(Amazon / iTunes)



James Holden & The Animal Spirits – The Animal Spirits

シンセの鬼が生バンドを率いてプログレに激突する様子。(Amazon / iTunes)



Richard Dawson – Peasant

イギリスのフォークの人。音楽的に凄いと思って聴いていたら、英語圏の批評筋の人達は歌詞が凄いと騒いでいる。(Amazon / iTunes)



Helena Hauff – Boiler Room x Dekmantel Festival DJ Set

今年は昔ながらのエレクトロを心に持った勢力が頑張ってて嬉しかった。(SoundCloud)



他によく聴いたのは、Jlin『Black Origami』、Actress『AZD』、KiNK『Playground』、Prince & The Revolution『Purple Rain Deluxe [Disc 2]』あたりです。

今年も良い音楽がたくさんありました。良い音楽がたくさんありすぎるので、聴き方が広く浅くにならないようにインプットを制限して、本当に好きな音楽をじっくり聴く時間を持つように心がけてはいるんですけど、それでも聴き足りていないような消化不良感が年々高まり、どうしたものかと思い悩む2017年。年々この傾向が強まってるような気がします。これが生きるということなのかもしれません。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ラジオ「ありがとう浜村淳です」での浜村淳の気になる発言&行動記録:2017年版

ラジオ番組「ありがとう浜村淳です」関連の自分ツイートまとめの2017年上半期版・下半期版を公開しました。

浜村淳で振り返る2017年。今年もいろんな事がありました。

以下は過去のまとめです。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ACアダプターのカバン内収納には工具箱用パーツケースが優秀

楽器や機材のACアダプターを外に持ち出す時にちょうどいいケースをみつけました。

リングスターという会社の「スーパークラブパーツ クリア フリータイプ R-170」という商品です。

サイズがちょうどいいです。たて167mm×よこ126mm×高さ62mm です。楽器のACアダプターを2つ、ちょうど良い感じの余裕具合で収納できました。


素材はポリプロピレン。強度はしっかりしています。値段が安いのもポイントが高いところで、ひとつ300円前後くらいで買えます。

楽器や機材を外に持ち出す時にいつも困っていたのがACアダプターで、1つ2つならどうにでもなるものの、さすがに5つ6つとなってくると、しっかり整理してカバンの中に入れないと、他の機材を圧迫してダメージを与えたり、逆に圧迫されてケーブルが断線する可能性もあります。気を使って丁寧に梱包すると、カバン内でスペースを取り過ぎてしまい、どう扱うべきか悩みの種でした。理想を言えばSKBが出してるような精密機器専用のケースを買えばいいのでしょうけど、ケースの中身よりケースのほうが値段が高いような状況になりかねません。

「ACアダプター」「ケース」でネットを検索して引っかかるのは、ノートパソコン用のACアダプターをビジネスバッグに入れるような場面を想定した、ソフト素材でポーチ状の商品ばかりです。これではリュックサックや旅行カバンの中に大量のゴツゴツした機材と一緒に放り込むには不向きです。そこで視点を変えて、楽器やパソコン機器とは違う分野の商品の中に使えるケースは無いものかと探していたところ、ホームセンターで見つけたのが、大工さんや職人さんが使う工具箱用のパーツケースでした。

工具箱用のパーツケースは、上に紹介したリングスターという会社以外にも各社が様々なサイズのものを出していて、ちょうど良いサイズのものが発見できれば、ACアダプターに限らず、エフェクター本体やオーディオ・インターフェイスなどを梱包するのにも十分使えると思います。工具箱用のパーツケース、そこそこの強度で、安価で、コンパクトに機材を梱包するグッズとしてとても優秀です。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook