2016年ベストミュージック

2016年に発表された音楽の中から、よく聴いた10作品を選びました。

Powell – Sport

これぞテクノ・パンク。これぞエレクトロ・ポスト・パンク。(Amazon / iTunes)



Adrian Younge – The Electronique Void Black Noise

ヒップホップ魂のこもったヴィンテージなシンセサイザー音楽。(Bandcamp / Amazon / iTunes)



Blancmange – Commuter 23

70年代ジャーマン・ロックを、10年代的に演奏する、80年代に活躍したシンセ・ポップ・バンドの最新作。(Amazon / iTunes)



Childish Gambino – Awaken, My Love!

実質的にFunkadelicの新譜。(Amazon / iTunes)



The Dandelion Set & Alan Moore – A Thousand Strands 1975-2015

元Rockers Hi-FiのGlyn Bushによるサイケデリック・ロック・バンド。詩を『ウォッチメン』『Vフォー・ヴェンデッタ』の原作者のAlan Mooreが担当。アルバム宣伝DJMixも良かったです。(Bandcamp / Amazon / iTunes)



Aleksi Perala – The Colundi Sequence Level 16

サイン波と不思議音律を探求するRephlex残党。(Bandcamp)



2814 – Rain Temple

国籍不明の重量級チルアウト。(Bandcamp / Amazon / iTunes)



Equiknoxx – Bird Sound Power

ジャマイカ発のおもしろダンスホール。(Amazon / iTunes)



Zomby – Ultra

BurialやDarkstar等との共演曲を含んだことで、これまで以上にアルバムらしくまとまってます。(Amazon / iTunes)



Andy Votel – Selectors Podcast 007

めくるめくトルコ・サイケデリック・ロック&ファンクの世界。(SoundCloud)



他によく聴いたのは、Autechre『Elseq 1-5』Aphex Twin『Cheetah EP』Matrixxman『Sector I Rhythm』Jay Daniel『Broken Knowz』Prince『HITNRUN Phase Two』あたりです。当然というべきか、プリンスしか聴いていない時期もありまして、プリンスが亡くなったことをどのように受け止めれば良いのか、考えあぐねてるうちに1年たっていた、という感じの2016年でした。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook