Blog

Carl Craigの別名義69の曲「Rushed」のサンプリングネタ

Carl Craigの別名義69の曲「Rushed」のサンプリングネタをメモしておきます。

「Rushed」は大好きな曲なので、サンプリングネタが何なのか昔から調べていました。My mine「Hypnotic Tango」をサンプリングしてるというのは広く知られているのですが、それだけでなく、高音のシンセを巻き込んで逆再生されているドラムマシンのような音が、当時のサンプリングらしい粗い音色でずっと鳴っています。でも、どこから来ているのかは分からず、レコードからのサンプリングではないのかもしれないと思い始めていました。

YouTubeに投稿された上の「Rushed」のコメント欄を流し見していたら、答えがみつかりました。

上の動画の5分50秒以降くらいにサンプリングできそうなポイントがあります。Infonetというイギリスのレーベルから1993年にリリースされたEddie Fowlkesの「I Wanna Know」という曲です。

このサンプリングネタ情報をYouTubeに投稿した人が「Rushed」についてさらに面白い事実を明かしていて、このEddie Fowlkesの「I Wanna Know」はInfonetのコンピレーション盤『Beyond The Machines』に入っているのですが、このコンピレーションに収録されているThundergroundというアーティスト(Banduluの変名)の「Amerenth」という曲が、My Mine「Hypnotic Tango」から「Rushed」とまったく同じ部分をサンプリングした曲になっています(この曲は1992年リリース)。

このコンピがリリースされたのが1993年で、69の「Rush」が入ったEP『Sound On Sound』がリリースされたのも1993年です。業界内でプロモ盤が出回ったりしてるでしょうし、厳密な前後関係は分かりませんが、状況証拠的には、Carl CraigはイタリアのバンドMy Mineの「Hypnotic Tango」をサンプリングしたのではなく、コンピ盤『Beyond The Machines』から2曲をサンプリングして「Rushed」にまとめあげたのではないか、という推理が成立しそうです。それはそれでとても豪快な話で、自分の中で「Rushed」がさらに輝きを増しました。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Carl Craigの別名義69の曲「Ladies And Gentlemen」のサンプリングネタ

Carl Craigの別名義69の曲「Ladies And Gentlemen」のサンプリングネタをメモしておきます。

「Ladies And Gentlemen」は大好きな曲なので、サンプリングネタが何なのか昔から調べていました。Curtis Mayfield「Little Child Running Wild」をサンプリングしてるというのは広く知られているのですが、それだけでなく、冒頭(上の動画の57秒くらいから)と中盤にはっきり聴こえる、持続するシンセのような高音とパーカッションが当時のサンプリングらしい粗い音色で鳴っています。でも、どこから来ているのかは分からず、レコードからのサンプリングではないのかもしれないと思い始めていました。

先日、何気なくロック史のドキュメンタリー映像をYouTubeで流し見していたら、ウッドストックとサマー・オブ・ラブを紹介する場面で、まさに探していた「Ladies And Gentlemen」のサンプルネタが入った曲がBGMとして流れてきたので、サマー・オブ・ラブをヒントに探してみたら、見つかりました。Jimi Hendrixの「Ezy Ryder」という曲でした。

Jimi Hendrixの死後の1971年にリリースされたコンピレーション・アルバム『The Cry Of Love』に入っている曲だそうです。

ひょっとすると「69」と言う名前もJimi Hendrixの「If 6 Was 9」や1969年のウッドストックフェスティバルから由来していて、この名義はロックをコンセプトにして立ち上げられたのかも?と思いましたが、Carl Craigの生まれた年が1969年だというのに由来しているという本人の発言があるそうで、実際のところはよくわかりません。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

カシオペアの向谷実がJIS規格を逸脱したレコードを作っていた話

フュージョン系のバンド、カシオペアの向谷実さんが、NHKのAMで6月25日に放送された「カルチャーラジオ 日曜カルチャー」という番組の中で、アナログ・レコードのカッティング(盤に溝を刻む工程)についての興味深い思い出話を披露されていたので、その部分を書き起こしておきます。

で、これは、言ってよいのかどうかわかんないですけど。あの、レコードでFMとか、かけてもらうんで、ある程度音圧を維持したいわけですよ。まぁ、もちろん持ち上げてはくれるんですけど。

どうしたかって言うとですね、「針飛びしても責任はあなた方が負います、いいですか」っていう念書を書くんです。「JIS規格上はこれはもうダメだけど、このLPを出しても、この音圧で出したかったら、あなた方が責任を持つんだったらカッティングしてもいいですよ」っていう、カッティング・エンジニアとカッティング工場とアーティストの間で念書を交わすんです。

ありえないでしょ?そんなことあったんです。ねぇ。僕が生きてる間にこのへんの話いっぱいしようと思ってるんですけどね(笑)。

FMラジオでかかったときに他の曲よりも目立たせるために、JIS規格に適合しないカッティングでレコードを作って、大きな音が鳴るようにしていた、という話です。どの作品の話なのか具体的な言及はありませんでした。言われてみれば当然のことですが、レコード盤にもJIS規格があって、それが日本製のレコードの聴こえ方に影響を与えていたというのが驚きでした。

この思い出話が披露されたラジオ番組「カルチャーラジオ 日曜カルチャー」は、各界の有名人がテーマに沿って話をする番組で、この回のテーマは「人間を考える 私の大切にしているもの」。向谷実さんが大切にしているのは「とことんこだわる事」だそうで、とことんこだわって仕事をしてきた結果、今はトレイン・シミュレーターや駅の軽量型ホームドアを作っていますよ、というような内容でした。

1985年に個人会社を立ち上げ、当時3000万円する48トラックのテープ式デジタル・レコーダーを従量制(1時間3000円)で貸し出しする「富山の置き薬」式の事業を始めて、これが大当たりしてボロ儲けしたが、ボロ儲けしている間にデジタル・レコーダーを高額で売り抜けて(数年後にハードディスク・レコーディング時代が到来し、買い取り価格は暴落)、それを元手に鉄道関連の事業に業態を変化させていったそうです。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook