Blog

カシオペアの向谷実がJIS規格を逸脱したレコードを作っていた話

フュージョン系のバンド、カシオペアの向谷実さんが、NHKのAMで6月25日に放送された「カルチャーラジオ 日曜カルチャー」という番組の中で、アナログ・レコードのカッティング(盤に溝を刻む工程)についての興味深い思い出話を披露されていたので、その部分を書き起こしておきます。

で、これは、言ってよいのかどうかわかんないですけど。あの、レコードでFMとか、かけてもらうんで、ある程度音圧を維持したいわけですよ。まぁ、もちろん持ち上げてはくれるんですけど。

どうしたかって言うとですね、「針飛びしても責任はあなた方が負います、いいですか」っていう念書を書くんです。「JIS規格上はこれはもうダメだけど、このLPを出しても、この音圧で出したかったら、あなた方が責任を持つんだったらカッティングしてもいいですよ」っていう、カッティング・エンジニアとカッティング工場とアーティストの間で念書を交わすんです。

ありえないでしょ?そんなことあったんです。ねぇ。僕が生きてる間にこのへんの話いっぱいしようと思ってるんですけどね(笑)。

FMラジオでかかったときに他の曲よりも目立たせるために、JIS規格に適合しないカッティングでレコードを作って、大きな音が鳴るようにしていた、という話です。どの作品の話なのか具体的な言及はありませんでした。言われてみれば当然のことですが、レコード盤にもJIS規格があって、それが日本製のレコードの聴こえ方に影響を与えていたというのが驚きでした。

この思い出話が披露されたラジオ番組「カルチャーラジオ 日曜カルチャー」は、各界の有名人がテーマに沿って話をする番組で、この回のテーマは「人間を考える 私の大切にしているもの」。向谷実さんが大切にしているのは「とことんこだわる事」だそうで、とことんこだわって仕事をしてきた結果、今はトレイン・シミュレーターや駅の軽量型ホームドアを作っていますよ、というような内容でした。

1985年に個人会社を立ち上げ、当時3000万円する48トラックのテープ式デジタル・レコーダーを従量制(1時間3000円)で貸し出しする「富山の置き薬」式の事業を始めて、これが大当たりしてボロ儲けしたが、ボロ儲けしている間にデジタル・レコーダーを高額で売り抜けて(数年後にハードディスク・レコーディング時代が到来し、買い取り価格は暴落)、それを元手に鉄道関連の事業に業態を変化させていったそうです。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

『Purple Rain Deluxe』を聴きました

とにかく未発表曲や未発表バージョンが11曲入ったディスク2「From The Vault & Previously Unreleased」。これです。

なかでも10曲目の「We Can Fuck」が圧巻です。個人的には今回の4枚のディスクの中にこれ1曲しか入って無かったとしても許せるくらいに震えました。1990年リリースのアルバム『Graffiti Bridge』(以下『GB』と略)に入っている「We Can Funk」の原型的なバージョンで、『GB』版はGeorge Clinton率いるP-Funk軍団とのコラボレーションでしたが、今回収録のものはプリンスがほぼすべての楽器を演奏していて、よりシンプルで生々しいバージョンになっています(ちなみに昔からブートで広く流通しているのは、86年録音の別バージョンです)。

ドラムマシン導入以前を思わせるプリンスらしいドタバタした生ドラムのビートが素晴らしくファンキーて、そこに逆再生エフェクトをバシバシに効かせたプリンスのボーカルが、時に静かに、時に激しく、時に囁くように、時にめちゃくちゃ激しく、様々なスタイルで歌います。このバージョンは10分18秒もあって、基本的には最初から最後まで同じ2小節のリフ(ギター?ウード?)が延々と繰り返され続けるファンクなんですが、曲の緩急のつき方がドラマティックで、飽きる瞬間がまったく無く、毎回聴き始めてから気付くとすぐに10分18秒が経過しています。

今回の83年録音のFuck版と90年再録音の『GB』版を比較しながら聴くと面白くて、『GB』版のバックトラックは分厚いサウンドに新しく作り直されているのですが、ボーカルに関しては、Fuck版の録音素材が『GB』版に多く流用されています(たぶん)。そういった流用の部分もあれば、歌詞も含めてカットされているパートがあったり、シンセのフレーズやコーラスの和音が新しく変わっていたり、両者を比較することでプリンスが何を目指して再録音したのかが見えてくるように感じられます。

例えば、『GB』版にはP-Funk勢が歌詞やメロディーを追加していて(I’m testing positive for the funk~ のくだりなど)、Fuck版と並べることでP-Funk勢がどこに何を入れて何を歌ったのかが明確になっています。プリンスは再録音にあたってタイトルや歌詞の中のFuckをFunkに変えるなどして表現を丸めているのですが、そこにP-Funk軍団がPeeがどうしたこうしたという歌を追加することで、別の方向に表現を尖らせていて、あらためてGeorge Clintonの凄味というか狂気というかを再確認することもできました。90年前後頃、プリンスは保管庫の中の古い未発表曲のマルチテープを毎日何曲も取り出してきては、自分が聴くためにミックスし直したりサンプリングして新曲に使ったりする作業にハマっていたそうで、『GB』版「We Can Funk」もそういった作業の延長線上に生まれたのだろうと思いました。

また、Fuck版のラスト4分は『GB』版や86年録音版には無い独自の展開になっていて、この部分については、ここに言葉を書き連ねて野暮に表現するよりも、実際に聴いてもらいたいですね。

「We Can Fuck」が録音されたのは1983年12月31日。映画『パープル・レイン』の撮影が全部終わったのがクリスマス頃で、その数日後です。前日の12月30日には「Erotic City」と「She’s Always In My Hair」を録音しているそうで、なんと神がかった2日間でしょう。

『Purple Rain Deluxe』、もちろん「We Can Fuck」に限らず、全ディスクの全収録曲が最高なので、是非聴いてみて下さい。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

The Time 「777-9311」のドラムパターンはドラムマシンのプリセットだったらしい

1982年発表のThe Timeのセカンド・アルバム『What Time Is It?』に収録されている「777-9311」について、The Timeのギタリスト、Jesse Johnson(現在はD’Angeloのバンドに参加)がFacebookで衝撃の事実を明かしていたことを最近知りました。2014年3月の投稿です。

The Time の「777-9311」はプリンスのLinn LM-1(5,500ドルのドラムマシンで、これはThe Timeの持ち物じゃない)の中に入っていたストックのドラムビートだ。

このビートはDavid GaribaldiがRoger LinnのためにLinn LM-1の中にプログラムしたものだ。

電話番号はDez Dickersonの自宅の番号で、彼は俺たち全員に対してとてもムカついていた。

つまり、あの「777-9311」の印象的なLinn LM-1(ドラムマシン)のドラムのパターンは、プリンスが打ち込んだものではなく、The TimeのドラマーのJellybean Johnsonが打ち込んだものでもなく、70年代から活躍するファンク・バンド、Tower of PowerのドラマーのDavid Garibaldiが作った“ストックのドラムビート”だったという証言です。

“ストックのドラムビート(Stock Drum Beat)”というのが何を意味するのか、おそらくは「楽器を購入した時から入っていたプリセットのリズムパターン」ということだろうと思います。でも、世界で500台程度しか製造されていない1980年発売のドラムマシンに、一体どんな形で「プリセット」のリズムパターンが入っていたのか、そもそもプリセットのリズムパターンが入っていたのかどうかすら情報が無く、David Garibaldiがプリセット制作に関わっていたという情報も見つからず、彼とRoger Linn(LM-1の開発者)の接点もわかりません。David Garibaldiが個人的にリズムパターンを記録していたLM-1がプリンスの元に渡った、という線も可能性としては有り得なくは無いと思いますが(プリンスは6、7台のLM-1を所有していたそうです)、どうなんでしょう? 当然自分は実機を持ってないですし、世代的にも違いますし、いまいち感覚がつかめません。

プリンスは、シンセサイザーに関しては内蔵プリセット音をそのまま使うことで有名で、サンプラーに関してもサンプラー付属のライブラリー音をそのまま使っている例がいくつもあり、個人的に「プリンスがドラムマシンのプリセットのリズムを使っていた」ということに対する意外性はさほど大きくなかったのですが、よりによって「777-9311」が、というのには驚きました。

David Garibaldiの名前が出てきたのにも驚きました。正確には、80%は驚いて20%は納得した、くらいの割合でしょうか。自分はプリンスのドラムにはDavid Garibaldiの影響が大きいんじゃないかと感じていたので、パズルのピースが揃ったような感覚もあります。でも、いくら影響を受けていたり大好きだったりするからといって、その人が作ったドラムのパターンをそのまま曲に使うかどうかは別ですし、そもそも、その人が作ったドラムのパターンがドラムマシンに最初から入っているという状況(1982年に!)が相当にレアです。

80年代後期にプリンスのレコーディング・エンジニアを務めたChuck Zwickyも、プリンスのドラムからDavid Garibaldiを感じていたようで、インタビューで下のように語っています。

彼がドラムの前に座る時、彼にはDavid Garibaldi(Tower of Power)の音が聞こえている。彼がギターを演奏する時は、James Brownのバンドのギタリスト(Jimmy NolenとCatfish Collins)のことを考えている。(略)ベースを演奏する時はLarry Graham(Sly and the Family Stone)のように考えている。彼がキーボードの前にいる時は、ホーン・セクションのことを考えているか、Gary Numanのように考えている。ボーカルに関しては、ものすごい数の影響があるよ。

The TimeのボーカルのMorris Dayはもともとドラマーで、彼がプリンスの学生時代のバンド、Grand Centralにドラマーとして加入するきっかけとなったオーディションで演奏したのが、Morris Dayの大好きなTower of Powerの曲「What is Hip?」だったそうです。

The Timeは「777-9311」のほかにもDavid Garibaldiの要素を直接的に盛り込んだ曲を発表しています。1990年の『Graffiti Bridge』収録の「Release It」で、Tower of Power「Squib Cakes」の曲冒頭の有名なドラムブレイクをそのままサンプリングして使っています。

プリンスが「Morris Dayが率いるクールなファンク・バンド」というコンセプトで曲を作る上で、Morris Dayの大好きなDavid Garibaldiのイメージを曲の中に最大限に反映させようとした結果が、David Garibaldiが作ったプリセットを使った「777-9311」や、David Garibaldiのドラムをサンプリングした「Release It」だった、ということなのかもしれません。どちらも最高な曲です。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook