Carl Craigの別名義69の曲「Ladies And Gentlemen」のサンプリングネタ

Carl Craigの別名義69の曲「Ladies And Gentlemen」のサンプリングネタをメモしておきます。

「Ladies And Gentlemen」は大好きな曲なので、サンプリングネタが何なのか昔から調べていました。Curtis Mayfield「Little Child Running Wild」をサンプリングしてるというのは広く知られているのですが、それだけでなく、冒頭(上の動画の57秒くらいから)と中盤にはっきり聴こえる、持続するシンセのような高音とパーカッションが当時のサンプリングらしい粗い音色で鳴っています。でも、どこから来ているのかは分からず、レコードからのサンプリングではないのかもしれないと思い始めていました。

先日、何気なくロック史のドキュメンタリー映像をYouTubeで流し見していたら、ウッドストックとサマー・オブ・ラブを紹介する場面で、まさに探していた「Ladies And Gentlemen」のサンプルネタが入った曲がBGMとして流れてきたので、サマー・オブ・ラブをヒントに探してみたら、見つかりました。Jimi Hendrixの「Ezy Ryder」という曲でした。

Jimi Hendrixの死後の1971年にリリースされたコンピレーション・アルバム『The Cry Of Love』に入っている曲だそうです。

ひょっとすると「69」と言う名前もJimi Hendrixの「If 6 Was 9」や1969年のウッドストックフェスティバルから由来していて、この名義はロックをコンセプトにして立ち上げられたのかも?と思いましたが、Carl Craigの生まれた年が1969年だというのに由来しているという本人の発言があるそうで、実際のところはよくわかりません。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook