The Time 「777-9311」のドラムパターンはドラムマシンのプリセットだったらしい

1982年発表のThe Timeのセカンド・アルバム『What Time Is It?』に収録されている「777-9311」について、The Timeのギタリスト、Jesse Johnson(現在はD’Angeloのバンドに参加)がFacebookで衝撃の事実を明かしていたことを最近知りました。2014年3月の投稿です。

The Time の「777-9311」はプリンスのLinn LM-1(5,500ドルのドラムマシンで、これはThe Timeの持ち物じゃない)の中に入っていたストックのドラムビートだ。

このビートはDavid GaribaldiがRoger LinnのためにLinn LM-1の中にプログラムしたものだ。

電話番号はDez Dickersonの自宅の番号で、彼は俺たち全員に対してとてもムカついていた。

つまり、あの「777-9311」の印象的なLinn LM-1(ドラムマシン)のドラムのパターンは、プリンスが打ち込んだものではなく、The TimeのドラマーのJellybean Johnsonが打ち込んだものでもなく、70年代から活躍するファンク・バンド、Tower of PowerのドラマーのDavid Garibaldiが作った“ストックのドラムビート”だったという証言です。

“ストックのドラムビート(Stock Drum Beat)”というのが何を意味するのか、おそらくは「楽器を購入した時から入っていたプリセットのリズムパターン」ということだろうと思います。でも、世界で500台程度しか製造されていない1980年発売のドラムマシンに、一体どんな形で「プリセット」のリズムパターンが入っていたのか、そもそもプリセットのリズムパターンが入っていたのかどうかすら情報が無く、David Garibaldiがプリセット制作に関わっていたという情報も見つからず、彼とRoger Linn(LM-1の開発者)の接点もわかりません。David Garibaldiが個人的にリズムパターンを記録していたLM-1がプリンスの元に渡った、という線も可能性としては有り得なくは無いと思いますが(プリンスは6、7台のLM-1を所有していたそうです)、どうなんでしょう? 当然自分は実機を持ってないですし、世代的にも違いますし、いまいち感覚がつかめません。

プリンスは、シンセサイザーに関しては内蔵プリセット音をそのまま使うことで有名で、サンプラーに関してもサンプラー付属のライブラリー音をそのまま使っている例がいくつもあり、個人的に「プリンスがドラムマシンのプリセットのリズムを使っていた」ということに対する意外性はさほど大きくなかったのですが、よりによって「777-9311」が、というのには驚きました。

David Garibaldiの名前が出てきたのにも驚きました。正確には、80%は驚いて20%は納得した、くらいの割合でしょうか。自分はプリンスのドラムにはDavid Garibaldiの影響が大きいんじゃないかと感じていたので、パズルのピースが揃ったような感覚もあります。でも、いくら影響を受けていたり大好きだったりするからといって、その人が作ったドラムのパターンをそのまま曲に使うかどうかは別ですし、そもそも、その人が作ったドラムのパターンがドラムマシンに最初から入っているという状況(1982年に!)が相当にレアです。

80年代後期にプリンスのレコーディング・エンジニアを務めたChuck Zwickyも、プリンスのドラムからDavid Garibaldiを感じていたようで、インタビューで下のように語っています。

彼がドラムの前に座る時、彼にはDavid Garibaldi(Tower of Power)の音が聞こえている。彼がギターを演奏する時は、James Brownのバンドのギタリスト(Jimmy NolenとCatfish Collins)のことを考えている。(略)ベースを演奏する時はLarry Graham(Sly and the Family Stone)のように考えている。彼がキーボードの前にいる時は、ホーン・セクションのことを考えているか、Gary Numanのように考えている。ボーカルに関しては、ものすごい数の影響があるよ。

The TimeのボーカルのMorris Dayはもともとドラマーで、彼がプリンスの学生時代のバンド、Grand Centralにドラマーとして加入するきっかけとなったオーディションで演奏したのが、Morris Dayの大好きなTower of Powerの曲「What is Hip?」だったそうです。

The Timeは「777-9311」のほかにもDavid Garibaldiの要素を直接的に盛り込んだ曲を発表しています。1990年の『Graffiti Bridge』収録の「Release It」で、Tower of Power「Squib Cakes」の曲冒頭の有名なドラムブレイクをそのままサンプリングして使っています。

プリンスが「Morris Dayが率いるクールなファンク・バンド」というコンセプトで曲を作る上で、Morris Dayの大好きなDavid Garibaldiのイメージを曲の中に最大限に反映させようとした結果が、David Garibaldiが作ったプリセットを使った「777-9311」や、David Garibaldiのドラムをサンプリングした「Release It」だった、ということなのかもしれません。どちらも最高な曲です。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook