2004年にRephlexが編纂した『Grime』コンピのリリースパーティーの音源90分

2004年にRephlex Recordsが『Grime』というタイトルのコンピレーション盤を2枚リリースしました。Mark One、Plasticman(現Plastician)、Kode 9、Digital Mystikzといったアーティストの作品がそれぞれ3.4曲ずつ収録されているシンプルな内容で、グライム、ダブステップのシーンをストレートに紹介するものでした(厳密にはこのコンピにはダブステップ的な音が入っていますが、そういうジャンルの細分化に対するアンチテーゼ的な意味と、ダブという語を使うことへの抵抗感などの理由から『Grime』というタイトルにされたそうです)。

そのリリースにあわせてロンドンのクラブThe Endで開催されたリリースパーティーの一部を録音した音源がMixCloudに公開されています。

Mark OneとPlasticmanがDJをしていて、Virus Syndicateの皆さんが調子良くMCしています。ガラの悪そうな声のMCが「リーフレーックス!」と何度も叫んでいるのが違和感あって面白いですね。Mark OneとPlasticmanはRephlexの面々と一緒にアメリカツアーを回ったそうで、他にも『Grime』参加アーティスト勢とRephlexのいつもの面々勢が2つのフロアに分かれてプレイする大きなパーティーなんかも開催されていたそうです。出演者のあいだでも、客のあいだでも、いい感じの文化衝突が起こっていそうです。

『Grime』が出た2004年当時、自分はグライムのこともダブステップのこともよく知らなくて、このコンピもRephlexの知っている面子の参加が無かったので、何故Rephlexがこのコンピを出すのか今ひとつ理解できず、一度も聴くことなくパスしていました。世界的に音源を流通させていたRephlexがこのコンピをまとめてリリースしたことで、ロンドンの地下シーンに溜まっていたエネルギーが世界中の音楽ファンを巻き込んで拡散する大きなきっかけになったのは間違いないでしょう。00年代にRephlexがリリースした作品の中でも意義深い作品のひとつだと思います。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

JxJxTV「90sエレクトロ~リフレックス・トキワ荘の青春」

3/23(木)24時からスペースシャワーTVで放送される音楽・カルチャー番組『JxJxTV』のRephlex records特集「90sエレクトロ~リフレックス・トキワ荘の青春」に情報提供的なことをさせていただきました。

番組サイト:http://www.spaceshowertv.com/program/special/jxjx_tv.html

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Aphex Twinのおすすめ動画(一心不乱にMPCを操るアゼルバイジャンの中高年男性)

1年ほど前にuser18081971ことAphex TwinがSoundCloudに「Uchoob trax links [your fave music or other REALLY interesting music] not just any old crap」というタイトルの音声を投稿していて、この曲のコメント欄を利用して自身のオススメの曲の動画を紹介したり、ファンのオススメの曲にコメントしたりと、日々ワイワイとやっています。

そのコメント欄に最近user18081971が投稿した動画がなかなか衝撃的だったので、関連動画なども含めてここに転載しておきます。

一心不乱にMPCを操るこの中高年の男性、どうやらCavad Recebovという名前の人物で、アゼルバイジャンで活動するミュージシャンです。基本的には歌手のようで、パーカッションも演奏します。地元のワイドショー的なテレビ番組にレギュラー出演しているらしく、そこでの演奏動画がYouTube上に多く転がっています。

3分40秒あたりからMPC5000と謎の弦楽器のスーパー・セッション。

謎のDJとのスーパー・セッション。ここで使っているのはMPCではなく、おそらくAKAIのリズムマシン、XR-10。ベイス!

シェフが料理を作る横で唸りをあげるAKAI XR-10、地獄のオーケストラ・ヒット。

1988年の演奏動画。この時代からドラムマシンをフル活用。

公式ビデオが作られているCavad Recebovの曲はこんな感じの雰囲気です。

日本に置き換えると、細川たかしが「ヒルナンデス!」でNative Instruments Maschineを叩いてるような感じでしょうか。アゼルバイジャン、いいですね。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook